幽霊列車とこんぺい糖―メモリー・オブ・リガヤ 小说

  • 中文名: 幽灵列车与金平糖 —Memory of Ligaya—
  • 作者: 木ノ歌 詠、瑞智士記
  • 插图: 尾崎弘宜
  • 出版社: 富士見書房
  • 发售日: 2007/10
  • 页数: 250

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 8人想读 / 16人读过
    「うそっ!最悪だ…」中学二年生の有賀海幸は、7月の焼けつくような日射しの中、思いっきり絶望感を味わっていた。地元のローカル線に飛び込み自殺をするはずが、廃線になっていたから…。自分に保険金までかけるという海幸の完璧な計画は、変更を余儀なくされてしまう。そんな彼女の前に、突然リガヤと名乗る女子高生が現れた。タガログ語で“幸せ”を意味する名を持つリガヤは、海幸を廃線の線路の先へと誘う。そこにはポツンと一台の廃棄車両があった―。「ボクがこいつを『幽霊鉄道』として、甦らせてみせる!」そう宣言するリガヤとともに、こうして海幸の不思議で先の見えない夏が始まった…。瑞々しく切なく揺れる少女たちのひと夏を描く、青春ファンタスティック・ストーリー登場。
    more...

    大家将 幽霊列車とこんぺい糖―メモリー・オブ・リガヤ 标注为

    收藏盒

    7.1 推荐
    Bangumi Book Ranked:--

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    起名字也是一种考验 @ 2019-8-1 10:00

    结局之后就没后续了... 主角是个缺爱的孩子~

    十六夜咲夜 @ 2016-8-25 18:45

    看了anitama的推荐文才去看,不过没推荐说的那么好,个人有个人的爱好吧,怎么也接受不了因为人的气氛像就拿来当替代品这种依恋,海鲜他妈也太差了……

    blacXhunt @ 2016-8-20 04:38

    太短了点,想看后续的故事。

    更多吐槽 »