山風短 漫画系列

推荐本条目的目录

/ 更多目录

谁读这个系列?

/ 8人想读 / 8人读过 / 1人搁置 / 1人抛弃
第一幕 くノ一紅騎兵

関ヶ原の戦いの前年、京の遊郭に集った上杉家の豪傑達は、陽炎という名の美女を愛でていた。しかし、彼女は大の男をもねじ伏せる技前を見せた後、自分は「大島山十郎」という男だと告げ、直江山城守に仕えたいと申し出る。

第二幕 剣鬼喇嘛仏

佐々木小次郎を倒し、巌流島の決闘に勝利した宮本武蔵は、島を去った後、小舟の上で観音の木像を彫っていた。そんな武蔵の前に、長岡与五郎が現れ、果し合いを挑む。海上での2人の決闘は、二刀を用いた武蔵の勝利に終わる。海に落とされた与五郎は去っていく武蔵を見送る事になるが、彼の目の前には武蔵が彫った観音の木像が浮かんでいた。

第三幕 青春探偵団

時代は昭和30年代。霧ガ城高校に「殺人クラブ」なるものがあった。このクラブの実態は、探偵小説好きな高校生6名による「探偵小説愛好会」である。最近読んだ探偵小説の批評から殺人トリックの新案の案出、意地の悪い先生や寮の舎監にしっぺ返しをする…などがその主な活動である。これは、殺人クラブに所属する6人の高校生男女の、青春の日々を描いたお話である。

第四幕 忍者枯葉塔九郎

筧隼人は、美しき妻・お圭と共に漂泊の旅を続けていた。一刀流の剣の腕さえあれば仕官は容易いと思い、お圭の手を取って脱藩したが、案に相違して奉公は決まらず、1年あまり諸国を流浪する羽目となった。また、お圭は確かに美しかったが、気位が高く、閨においても堅苦しい。おまけにそこそこの奉公先ならば見つかるのだが、そのような仕事はなりませぬと、お圭が断固として反対したため、話は流れてしまったのだ。そんなお圭の存在を疎ましく思い始めた頃、隼人は鳥取の地で、枯葉塔九郎という奇怪な男に出会う。塔九郎は、武芸好きな殿様が催す御前試合に隼人を勝たせ仕官を叶えさせる、その代わりお圭を譲ってくれと申し出るのだった。
more...

大家将 山風短 标注为

收藏盒

6.6 推荐
Bangumi Book Ranked:--

单行本

关联条目

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    アリス @ 2018-5-25 19:13

    除了第三卷稍正常,其余三卷时代剧脑洞清奇。卷一:忍术真奇妙,兼续义正言辞地对小姐姐说出那番话笑出声;卷二:忍术真真奇妙,所以说兴秋就合体着十几个月,这样还怎么打得过武藏b38,这卷大权现造型比上卷好多了;卷四:“这是我丈夫”那儿喷了,可以想象婚后生活精彩多样XD。

    渐渐融化的飘雪 @ 2014-8-15 02:42

    略脱线。。

    奋击企鹅bot @ 2014-8-1 17:29

    不错

    离群客 @ 2014-7-26 10:10

    濑川雅树的画工优秀,打戏也不错,尤其第二本合体后打的几场,感觉超赞的。至于故事么,首先允许我向山田风太郎碉堡的想象力致以最崇高的敬意,这内容真的是长见识,不过发展其实有些欠逻辑。前两本算是脑洞大开的野史时代剧,什么缩乳背孕、男女00XX合体拔不出来,如此奇葩的设定放在关原之战和大坂之阵前后的历史事实里总觉得无限喜感。第三本只是很一般的轻喜剧。比较喜欢第四本,故事和人物形象相对丰满,虽然依旧奇葩。

    更多吐槽 »