安達としまむら 〈3〉 小说

  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • 发售日: 2014年8月9日
  • 页数: 248
  • ISBN: 978-4048667777
  • 作者: 入間人間
  • 插图: のん

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 8人想读 / 55人读过 / 1人搁置
    2月14日、バレンタインデー。二人のもとにゆるくてあま〜い一日がやってくる。

     2月4日、バレンタインデー10日前。放課後に二人で出かけたモール内のドーナツ屋の前で、安達が聞いてくる。
    「14日に、しまむらはなにか、用事ありますか?」
    「ないですけど」
    「ないなら、14日に、遊ぼうという……」
     鼻の上に加えて、手の甲まで真っ赤に染まっていた。そんな安達の決意や覚悟に感心して、私はこう応える。
    「いいよ。今年はバレンタインをやっちゃおうか」
     2月14日までの10日間。安達のどきどきな10日間が、しまむらの日常に彩りを与える。そんな二人のお話。
    more...

    收藏盒

    7.7 力荐
    Bangumi Book Ranked:#1576

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    ( l l ) @ 2020-12-14 19:47

    shimamura的十天卡了我二十天(

    Sennmenn @ 2020-12-5 18:37

    岛村对樽见的情感态度变化太细腻了,有樽见的存在和对比,岛村何时能正视对安达的感情呢,恋爱喜剧gkd

    星流 @ 2020-11-14 12:50

    充分发挥了双视角结构的威力,日常中的少女心与各自的变化,还有占卜这个串联链,让这一卷看似散碎却又十分清晰

    Explorare @ 2019-8-9 22:48

    我好兴奋啊

    flankoi @ 2019-7-18 10:28

    安達を見て、人間、恋愛するとこうも変わるのかと、ちょっと怖くなる。安達もだけどしまむらも今回の件で変わり始めたかもしれない。偶然観た占い番組のキャンペーンにたまたま応募して、予期せず安達に誘われて名古屋に…もし私がしまむらだとしても、きっと「うんめー」を感じずにはいられないだろう。最後のページをめくるにしたがって視点が変わる仕掛けも見事だった。アニメで諸手を挙げてぴょんぴょんする安達犬を拝見しよう

    aerbioer @ 2019-5-17 03:15

    樽见那部分确实是最戳的,之前再好的关系也敌不过时间啊。不过岛村在分别时的操作还是体现了她口嫌体正直的后宫体质,至于究竟是不是与安达的相遇促使她迈出了这一步呢?感觉入间没有明示。安达这边少女心爆棚的“自嗨”有些审美疲劳了,致使我读这部分时总是把精力放在占卜节目的关键字上,读后查询其含义,只能苦笑自己还是不够苣。后发现连章节标题都是“远古”NETA,入间你写这些梗儿真的有人懂吗(苦笑

    幽灵3383 @ 2018-9-21 19:58

    安達太少女了,萌死。

    waox @ 2017-6-18 09:35

    我讨厌百合,讨厌百合,讨厌百合,讨厌百合,讨厌百合啊啊啊啊入间人间你为什么要写百合呢!为什么会这样呢!!

    林卯 @ 2017-2-24 23:20

    2017-2-24#1比较烦小说扯到星座

    K的字母表 @ 2016-5-20 21:14

    这一卷就是流水账

    更多吐槽 »