SUPERCAR

  • 别名: スーパーカー

谁收藏了SUPERCAR?

全部收藏会员 »

职业:

日本のロックバンド。1997年にデビューし、2005年2月26日に解散。

中村弘二(なかむら こうじ、1977年9月28日 - )
ボーカル、ギター、作曲、シンセサイザー担当。青森県十和田市出身。愛称は「ナカコー」。バンド時代からNYANTORA名義でソロ活動を始め、解散後は、「iLL」として活動開始。
石渡淳治(いしわたり じゅんじ、1977年8月21日 - )
ギター、作詞担当。青森県十和田市出身。愛称は「ジュンジ」。解散後はいしわたり淳治として、チャットモンチーや9mm Parabellum Bulletのサウンドプロデューサー、NONA REEVESやSUEMITSU & THE SUEMITHなどの作詞提供、ROCKIN'ON JAPANにて連載など執筆活動中。
古川美季(ふるかわ みき、1979年2月19日 - )
ベース、ボーカル担当。青森県八戸市出身。初期は本名で活動。愛称は「ミキちゃん」。解散後はフルカワミキとしてソロ活動開始。2011年に再び中村と組み「LAMA」結成。過去に雑誌MARQUEEに下着姿が掲載されたことがある。
田沢公大(たざわ こうだい、1978年2月27日 - )
ドラムス担当。青森県十和田市出身。愛称は「コウダイ」。解散後はaM™[aem]として活動し、他アーティストのプログラミング、プロデュース活動も行っていた。音楽活動を継続しつつ、2014年より青森県十和田市で一般職に就いている。

1995年、古川が八戸市内にあった「楽器の文明堂」(既に閉店)に貼ったバンドメンバー募集の張り紙により同地でバンドを結成。レコード会社へ送ったデモテープがきっかけで1997年にシングル「creamsoda」でデビュー。
同時期に登場したナンバーガール、中村一義、くるりらとともに「'97の世代」と呼ばれ、新世代ロックバンドとして活動。1998年頃には当時勢いのあったバンド、TRICERATOPSなどと一緒に「スニーカー系」と呼ばれた。
2000年に発表された3作目のアルバム『Futurama』からはエレクトロニカをに取り入れるようになる。
これについて中村は具体的にROVOやコーネリアスからの影響をあげている。
シングル「YUMEGIWA LAST BOY」には、エレクトロニカ、エレクトロサウンドを得意とするプロデューサー、砂原良徳を起用。その次のシングル「AOHARU YOUTH」、アルバム『HIGHVISION』『ANSWER』には益子樹(ROVO、DUB SQUAD、ASLNなど)をプロデューサーに起用している。
サウンドとリンクするように彼らは映像面でも田名綱敬一、宇川直宏らのアーティストとのコラボレーションもこなす。
2005年2月26日にSTUDIO COASTにて行われたライブをもって解散。
2011年、中村の監修による過去の音源の再構築アルバム『RE:SUPERCAR -redesigned by nakamura koji-』、後に『RE:SUPERCAR 2-redesigned by nakamura koji-』をリリース。

1999年、「ミノルタVECTIS2000」のCMに「Flicker」が使用され、フルカワミキがイメージキャラクターとして起用された。
2002年に、映画『ピンポン』に「YUMEGIWA LAST BOY」「Free Your Soul」「STROBOLIGHTS」「Changes」「Baby Once More」が使用された。「YUMEGIWA LAST BOY」は主題歌にもなった。また「STROBOLIGHTS」はNEC・LaVieシリーズのCMソングにも起用された。
シングル「BGM」のカップリング曲「HIRAMEKI INSPIRATION」がトヨタ自動車のネッツ店のCMソングに起用された。
2005年4月から、アルバム『HIGHVISION』の収録曲「STORYWRITER」が、テレビアニメーション『交響詩篇エウレカセブン』の挿入歌に使用され、ゲーム『Another Century's Episode』にも使用された。
2007年、「Strobolights」がキリンMCダノンウォーターズの「ボルヴィック フルーツキス レモン」のCMに起用された。
2008年、「STORYWRITER」がテレビゲーム『スーパーロボット大戦Z』のBGMとしても使用された
2011年9月、「STROBOLIGHTS」がiidaのスマートフォン「INFOBAR」のCMソングに起用された。

最近参与

更多作品 »

吐槽箱