遊川和彦 游川和彦

  • 简体中文名: 游川和彦
  • 别名: ゆかわ かずひこ
  • 性别:
  • 生日: 1955-10-24

谁收藏了遊川和彦?

全部收藏会员 »

职业: 制作人员

日本のテレビドラマの脚本家。東京都出身。広島県大竹市育ち。修道高等学校、広島大学政経学部卒業。

東京都生まれ、小学校1年から広島県大竹市育ち。姉は女優の柳谷ユカ。
修道高等学校在学中に文化祭で脚本を書いた喜びが、この仕事を始めた契機。広島大学政経学部を5年かけて卒業。大学時代は広島市内の映画館を回りアイスクリームを売るアルバイトをした。
大学卒業後上京。最初は役者志望で無名塾の試験も受けた。映画学校に短期間在籍後、テレビ制作会社ディレクターを経て、1987年に『うちの子にかぎって…スペシャルII』で脚本家としてデビュー。フジテレビのトレンディドラマの仕掛け人・山田良明、大多亮プロデューサーと共に、1990年前後のTBSコメディドラマを八木康夫プロデューサーと共に作り上げた。また、ドラマのノベライズ本も多数出版している。
1991年『ADブギ』、1992年『十年愛』で、ダウンタウンの浜田雅功を役者として成功させた。
1998年の「GTO」では原作、主演人気もあり平均視聴率28.5%、最終回には35.7%という驚異的な視聴率を叩きだした。
2003年、スペシャルドラマ『さとうきび畑の唄』の脚本を担当し、同作品が文化庁芸術祭大賞(テレビ部門)を受賞する。
2005年、涙そうそうプロジェクト『広島 昭和20年8月6日』(2005年8月29日、TBS)が、2006年日本民間放送連盟賞番組部門・最優秀作品に選ばれた。同年、日本テレビの連続ドラマ『女王の教室』を発表。同作品で、第24回向田邦子賞受賞。
TBSの日曜劇場では、田村正和が主演を務めるドラマの脚本を多数手がけている。
他にも松嶋菜々子が主演した作品を手掛けることも多く、それらの多くがヒットしている。特に2011年に彼女が主演した日本テレビの『家政婦のミタ』は、最終回でドラマ視聴率史上歴代4位タイ(放送当時は3位タイ)となる40.0%(21世紀のドラマでは歴代2位、放送当時1位)という、ドラマとしては11年ぶりの高視聴率を記録した。この作品では、2012年東京ドラマアウォード 脚本賞を受賞した。
2012年下半期に放送のNHK連続テレビ小説『純と愛』の脚本を手がけた。プロデューサーの山本敏彦は2年越しで脚本を遊川に依頼しており、遊川の提案であった「これまでの連続テレビ小説っぽくないもの」「演出家や役者にもロを出す」が了承され、脚本を執筆した経緯がある。脚本家としては珍しく週1で撮影現場に足を運ぶ等をし、朝ドラ初主演となった夏菜に演技指導を行う姿が『プロフェッショナル 仕事の流儀』で放送された。
2016年、テレビ朝日の『はじめまして、愛しています。』で第5回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 脚本賞を受賞。
2017年公開の映画『恋妻家宮本』で初監督を務める。

最近参与

更多作品 »

吐槽箱