西澤昭男 西泽昭男

  • 简体中文名: 西泽昭男
  • 别名: にしざわあきお
  • Nishizawa Akio
  • 性别:
  • 生日: 1942年

谁收藏了西澤昭男?

全部收藏会员 »

职业: 制作人员

日本の教育・メディア分野の実業家。映画監督としての活動もある。東京都出身。座右の銘は「自燈明」。

京都大学文学部美学美術史学科卒。3年間大学院に在籍。 1976年に大阪で株式会社能力開発センター(現ワオ・コーポレーション)を設立。現在は、 学習塾・予備校・資格スクールの運営など、幼児から社会人までを対象とした教育事業を全国で展開している。 また、同子会社として、2000年に株式会社ワオネット(在宅教育サービスの企画・開発)を設立、同じく2000年に株式会社ワオワールド(アニメーション・CG等の企画・制作)を設立する。
2000年のアニメーション制作会社ワオワールド設立を機に、自ら脚本も手がけながら映画監督としての活動を本格化。2004年に劇場用長編アニメーション第1作『NITABOH 仁太坊-津軽三味線始祖外聞』、2006年に第2作『ふるさと-JAPAN』、2009年に第3作『8月のシンフォニー ―渋谷2002〜2003』をロードショー公開。3作品とも海外映画祭で一定の評価を得る。『NITABOH』はBS日テレで、『8月のシンフォニー』BSフジで、テレビでも放送された。また、初の実写作品となるドキュメンタリー映画も制作中。
2010年9月現在、ワオグループの株式会社ワオ・コーポレーションの代表取締役会長、株式会社アートスタッフの取締役会長、株式会社ワオネットの取締役会長、株式会社ワオワールドの取締役会長を務めている。
2011年 - 株式会社アートスタッフ、株式会社ワオネット、株式会社ワオワールドの合併統合による廃止にともない、株式会社ワオ・コーポレーションの代表取締役会長兼社長に就任。

最近参与

更多作品 »

吐槽箱