リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~

ep.4 時給25億の花嫁…!?遺産相続のトリック

时长: / 首播:2018-11-08
 入院先の病院で深夜、「峰島興業」の会長・峰島恭介(竜雷太)が病死した。その遺産は200億円! 峰島会長は妻と離婚し、遺言書もなかったため、一人息子の社長・峰島正太郎(袴田吉彦)が全額を相続する…という方向で話は落ち着こうとしていた。ところが斎場に突如、遺族も見知らぬ女性・峰島玲奈(島崎遥香)が現れたことで、状況は一変する。昼間は看護師、夜は銀座の高級クラブでホステスをしているという玲奈は、自分は峰島会長の妻で、遺産相続の権利があると主張! なんでも玲奈によれば、峰島会長が亡くなる前日、正確にはわずか4時間前に婚姻届を提出したのだという。
 法律上、半分の100億円を相続する権利がある玲奈の出現に、正太郎は大慌て! 峰島会長に結婚の意志はなかったとして、婚姻の無効と相続権の不在を争点に、玲奈を訴える。一方、玲奈はお金目当てで付き合っていたわけではなく、結婚に関しても峰島会長から「遺産を譲りたいので結婚しよう」と言われたと断言。一歩も譲らない構えで、友達の現役ホスト兼パラリーガル・茅野明(三浦翔平)を通し、元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)率いる「京極法律事務所」に弁護を依頼するが…。
 やがて裁判の日がやってきた! 玲奈の指名で担当弁護士になった京極雅彦(高橋英樹)は、人生初の証人尋問に大はりきり。ところが、なぜか茅野が原告側の証人として出廷! さらに、なかったはずの遺言書が存在することも露見し…!? 最悪の展開が続発する中、なぜ玲奈がそんなにも金を欲しがるのか、疑問に思い始める翔子。一方、原告側を弁護する大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」に所属するエリート弁護士・海崎勇人(向井理)は、秘密裏に怪しい動きを見せ…!?

ゲスト

峰島玲奈(みねしま・れな)………島崎遥香

「峰島興業」の会長・峰島恭介の妻。茨城から上京し、看護師をしていたところ、検査に訪れた峰島会長の世話をすることに。その後、峰島会長に紹介された銀座の高級クラブでバイトを始めた。入院中の会長からプロポーズされ、婚姻届を役所に提出。“50歳年下妻”となった4時間後に夫を亡くし、遺産の相続権を主張するが、遺族から訴えられてしまう。

峰島正太郎(みねしま・しょうたろう)………袴田吉彦

「峰島興業」の社長。亡き会長・峰島恭介の一人息子で、遺産200億円の相続権を有していた。ところが、峰島会長の妻・峰島玲奈が突如現れたことで、相続権が半減。会長には結婚の意志がなかったとして、婚姻の無効と相続権の不在を争点に、玲奈を訴える。

峰島恭介(みねしま・きょうすけ)………竜雷太

「峰島興業」の会長。40年連れ添った妻とは2年前に離婚。玲奈と出会い、恋愛関係に発展した。自らプロポーズして婚姻が成立した4時間後に、入院先の病院で他界。生前、病気になった自分を見舞いにも来ない息子・正太郎や社員の薄情さを嘆いていた。
#1 - 2018-11-9 16:25
(いいんです)
リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~ #4
放送日時
2018年11月8日(木) 21:00 ~ 21:54

番組概要
米倉涼子・主演の新作リーガルドラマ!弁護士資格をはく奪された小鳥遊翔子(米倉涼子)が、ワケあり弁護士を集め法律事務所を結成!エリート事務所に無謀な戦いを挑む!

番組詳細

◇番組内容
200億円の遺産を残し、峰島興業の会長(竜雷太)が死亡。葬儀に謎の女性・玲奈(島崎遥香)が現れ、自分は会長の妻であると主張。亡くなる4時間前に婚姻届を提出したという。全額を相続するはずだった一人息子の社長(袴田吉彦)は玲奈を訴え、玲奈は京極法律事務所に弁護を依頼。担当になったペーパー弁護士・京極雅彦(高橋英樹)は初法廷に大はりきり。一方、翔子(米倉涼子)はなぜ玲奈が遺産に執着するのか疑問に感じ…!?

◇出演者
米倉涼子、向井理、林遣都、菜々緒、荒川良々 / 安達祐実、三浦翔平 / 内藤理沙、宮本茉由、勝村政信、小日向文世、高橋英樹
【ゲスト】島崎遥香、袴田吉彦、竜雷太

◇脚本
橋本裕志

◇演出
松田秀知

◇音楽
菅野祐悟

【主題歌】
SEKAI NO OWARI『イルミネーション』(TOY'S FACTORY)

◇スタッフ
【企画協力】古賀誠一(オスカープロモーション)

【エグゼクティブプロデューサー】内山聖子(テレビ朝日)
【プロデューサー】大江達樹(テレビ朝日)、峰島あゆみ(テレビ朝日)、霜田一寿(ザ・ワークス)、池田禎子(ザ・ワークス)、大垣一穂(ザ・ワークス)

◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/legal-v/
☆Twitter
 https://twitter.com/LegalV2
☆Instagram
 https://www.instagram.com/legalv2018/

みどころ
(第4話あらすじ)
 入院先の病院で深夜、「峰島興業」の会長・峰島恭介(竜雷太)が病死した。その遺産は200億円! 峰島会長は妻と離婚し、遺言書もなかったため、一人息子の社長・峰島正太郎(袴田吉彦)が全額を相続する…という方向で話は落ち着こうとしていた。ところが斎場に突如、遺族も見知らぬ女性・峰島玲奈(島崎遥香)が現れたことで、状況は一変する。昼間は看護師、夜は銀座の高級クラブでホステスをしているという玲奈は、自分は峰島会長の妻で、遺産相続の権利があると主張! なんでも玲奈によれば、峰島会長が亡くなる前日、正確にはわずか4時間前に婚姻届を提出したのだという。

 法律上、半分の100億円を相続する権利がある玲奈の出現に、正太郎は大慌て! 峰島会長に結婚の意志はなかったとして、婚姻の無効と相続権の不在を争点に、玲奈を訴える。一方、玲奈はお金目当てで付き合っていたわけではなく、結婚に関しても峰島会長から「遺産を譲りたいので結婚しよう」と言われたと断言。一歩も譲らない構えで、友達の現役ホスト兼パラリーガル・茅野明(三浦翔平)を通し、元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)率いる「京極法律事務所」に弁護を依頼するが…。

 やがて裁判の日がやってきた! 玲奈の指名で担当弁護士になった京極雅彦(高橋英樹)は、人生初の証人尋問に大はりきり。ところが、なぜか茅野が原告側の証人として出廷! さらに、なかったはずの遺言書が存在することも露見し…!? 最悪の展開が続発する中、なぜ玲奈がそんなにも金を欲しがるのか、疑問に思い始める翔子。一方、原告側を弁護する大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」に所属するエリート弁護士・海崎勇人(向井理)は、秘密裏に怪しい動きを見せ…!?