DEATH NOTE

ep.11 突入

时长:00:22:44 / 首播:2006-12-12
 さくらTVが"キラ"だと名乗る者から送付されたビデオテープを、指定された日時に放映した途端、キラが予告した人物が生放送中に次々と死んで行く。キラの裁きのターゲットは、"キラ"を否定するキラ否定派のコメンテイターやメインキャスターであった。この様子を見て愕然としたLは、キラのメッセージが世界の人々に放送されることを恐れ、直ぐにさくらTVへ放送の中止を呼びかけようとするが、局内の全ての電話が通じない。絶えかねた捜査本部員・宇生田がテープを奪う為にさくらTVへ駆けつけ局内に進入しようとした瞬間…逆らった者の見せしめとしてキラに殺されてしまう。

宇生田をキラに殺されて冷静さを失った捜査本部員も放送を止めさせる為にさくらTVへ向かおうとするが、Lは、映像を見る限りキラは顔を見るだけで殺せるかもしれないと推理し、捜査員がその場へ向かうことは危険だと警告をする。同様に放送を見ていた総一郎はこの惨劇を止める為に入院していた病院を抜け出し、護送車でさくらTVに突入を図る。キラから顔が見えぬよう局内に進入した総一郎は番組プロデューサー出目川の元へ走り、直ぐにキラのテープを止めてキラから送られてきた全てのテープを引き渡すよう命じ、奪ったビデオをLの居る捜査本部へ持ち帰る。

総一郎が持ち帰ったキラのテープを見ると、そこには警察がキラに協力をしなければ敵対者として、日本警察庁長官の命――もしくはその指揮を執っているLの命を奪うといった内容のものが映っていた。Lはそのテープの放送を許可し、後日映像を見た月は、この偽キラは、テレビ局にかけつけた警官が死んだことから死神の目を持っており、キラに賛同する人間であると考える。そしてテープを見た各国首脳は、警察は協力しない姿勢を見せた上で、偽者等を使わず本物のLを差し出すよう判断を下す。

Lは、今までのキラならば、追う者は別として罪の無い者の犠牲は避け、自分の考えを徐々に世間に浸透させていくやり方をするはずであり、"恐怖"による独裁は狙っていないと推理し、今回の騒動はキラに共鳴する"第二のキラ"による犯行である可能性が極めて高いと断言する。このことから、第二のキラの逮捕には月が大いなる力になり得るかもしれないと、偽キラの可能性は伏せたまま、月に捜査協力を求める。
 一方、"第二のキラ"とされる人物は、テープが無事に放送されたことを喜び、本物のキラとの対面に胸を弾ませていた――
#1 - 2014-10-6 15:44
感觉还是真人版的海砂比较可爱(bgm38)【你认真的吗(bgm38)
#2 - 2015-1-22 19:11
不知道妹子能活多久……
#3 - 2016-10-12 22:42
(勇敢的少年啊,快去创造奇迹)
海砂出场
#4 - 2017-3-24 19:18
(南北西东,寒暑几重。)
夜神局长好评
#5 - 2019-2-20 10:42
(随意。随己意。意怖,意不欲,意不安稳,不随。又不纵意。 . ...)
...平野绫,只能在老番听到的声音(bgm38)

这个二号告诉我们有了死神之眼没有脑子还是一样菜
#6 - 2019-7-13 22:11
(偷税打分)
辣妹出场
#7 - 2019-7-18 18:56
是黑丝辣妹!我好了
#8 - 2020-2-18 21:38
(愿有一天能在地球之外看到你的身影)
果然够突入的...目前为止最不明所以的一集