BORDER

ep.2 救出

时长:00:46:15 / 首播:2014-04-17
 首都圏で女子高生の連続殺人事件が発生。捜査に乗り出した石川(小栗旬)たちは、一週間前に遺体で発見された6人目の被害者が映った防犯カメラの映像から、一緒に車に乗り込んだ男を加害者と特定。男は、十代の頃に強姦などの前科のある村上(丸山智己)という会社員だった。石川と立花(青木崇高)は、すぐさま身柄の拘束に向かうが、それを察した村上は、2人の目の前で自ら喉を切り裂いて自殺してしまう。死の直前に、「もう一人いるぞ」という謎の言葉を残して……。

 しかし、現場検証の結果、部屋には“7人目の被害者”を示す痕跡はなく、警察としては「最期の悪あがき」と判断せざるをえなかった。それでも腑に落ちずイラつく石川の前に、不敵な笑みを浮かべた生前の姿の村上が現れる。「まだ生きてるぞ。24時間以内に見つけられれば助かる」とうそぶく村上。石川は、動かない警察を尻目に、単独で“7人目の被害者”の捜索を開始する。24時間というタイムリミットが刻一刻と迫り、現れては消える村上の言動に翻弄されながらも、石川は手掛かりを求めて奔走するが…!?
#1 - 2014-4-20 21:38
第二话赞。还好没弃,还好没弃。
结尾孩子的眼神很有感觉。
两个阿宅有点《瓢虫》里蜜柑和柠檬的感觉。
#2 - 2014-4-21 00:15
最后和孩子对视那里是点睛之笔
#3 - 2014-4-22 17:11
(“ 君は绝望という名の希望に微笑む ” ... ... ... . ...)
阿宅萌
#4 - 2014-5-30 00:39
为这见鬼设定击节喝彩!魂灵并不仅被视为角色的残留,它更是延伸,人格、思维、所知与盲点都保有着活性,持续同发展的周遭因素进行化合。与已死之人周旋,当然!成双的构思,另一位受害者与另一位自恋者,对无力的嘲讽与自嘲,以及Simon & Garfunkel噗哈哈。话说这不可思议型角色的出没,似是往堤幸彦一派借鉴来一般。引入的方法漂亮,一锤定音的他者陈述与我方困境(就观众与主角的关系而言)。警员间的交流变得丰满有趣。案子上自是有撞狗屎运的一面(村上“看来我只是运气不好”的调侃讽刺地在创作层面上成真了OTL),但探讨是相对充分的,尤其是终止在凝视的那不属于已然的话题,对观众亦成拷问。
摄制中好的想法是缸中手机为前景人物为背景下的变焦(倒叙进行至覆盖起始时点处则将其删去,这也非常合理,无论在信息编列上或剪辑规划上),村上歌声中的慢镜,两处滴血之手的特写。
毛糙仍可见,各层各处。
话说本回首播一月之后,一起快递运尸的真实案件曝光了……