持田 涙 持田泪

  • 简体中文名: 持田泪
  • 别名: 持田涙
  • もちだ るい
  • Mochida rui
  • 性别:

谁收藏了持田 涙?

全部收藏会员 »
第弐部の前半から中盤のヒロイン。埼玉県の保世高校の2年。マイペースでどこか飄々とした性格の持ち主。「バカみたいな人」が好みのタイプらしく、「面白いから」という理由で「にの」を逆に乗ってきた明石を気に入り、以後行動を共にすることになる。
幼少期からピアノの才能を持っており、両親に溺愛されている(という形になっている)。しかし、交通事故で右手の小指に後遺症を負ってしまい、ピアノを引けなくなってしまい、それからと言うもの、両親の愛情が「自分」ではなく「自分の才能」に向けられていたことに気づき、誰にも愛されない自分が生きている理由を求めるようになる。「にの」が現れる直前に睡眠薬を使った自殺を図ろうとしており、突然の死のゲームにも恐怖を感じるどころか逆にいつ死んでもいいと思ってすらいたが、明石との出会いにより彼に好意を持つと同時に、一緒に生き残りたいと心の底から思うようになる。
「七×七不思議」の3日目に、明石を庇うため艮の攻撃を背中に受ける。坤の転送先の体育館倉庫にて、明石に好意を打ち明け、感謝の言葉を遺して死亡した。涙が着けていた遺品のシュシュを明石がリストバンドにする。

出演

吐槽箱