鷺沼アカシ 鹭沼赤司

  • 简体中文名: 鹭沼赤司
  • 别名: さぎぬま アカシ
  • Saginuma Akashi
  • 性别:

谁收藏了鷺沼アカシ?

全部收藏会员 »
主人公。汎用多腕重機「ヴェス」の高い操縦技術を持つ少年。チームに選抜される前は、九久ノ智学園在籍の学生2年。アージェントに乗り込み、受け入れられる。兄であるアオシが自分より優秀であったため、家の中では窮屈さを感じていた過去があり、自分が「死ね」と思った矢先に、両親と兄が死んでしまったことを引きずっているらしく、度々思い出している。特にアオシに関しては、幼いころに調査中の死去告知が下された時は無意識に歪んだ笑みを浮かべるほど疎んじてた心根があった。アージェントのことを気味悪く思っており、時々見える映像から、人を殺したことがあるのではないかと疑っており、カサネのアージェントを人間のように扱っていることも、疑うことに拍車をかけている。無人島訓練ではエミルと共に行動し、仲間たちと合流した。また、帰還後の無明領域突入任務では、エミルを気づかい任務に志願するが、逆にエミルは死んでしまい、さらには自分がエミルの話をちゃんと聞けていなかったことから、深く後悔していた。シロガネに搭載されていたデータレコーダーを無明領域から回収する任務の際に、シロガネの胸部パーツを発見したことで、アージェントに染み込んでいた(正確には染み込んでいるのではない)アオシの記憶がフラッシュバックしてしまう。精神汚染を受けながらも何とか脱出するが、アオシの記憶を見たことからカサネに対して冷たい態度を取るようになる。その後、ガルグイユを脱退し、普通の生活に戻ろうとするが、途中に出会ったササメの言葉と夏入に見せられたデータレコーダーのデータ、カサネとの和解によってガルグイユに戻る。無明領域に取り残されたヘイトを救出する作戦に向かうアージェントのコクピットの中で、アージェントを完全に受け入れる決意をする。パートナーは人間ではないが、1番共振率が高かったためパイロット兼パートナーとしてアージェントが当てられている。

出演

吐槽箱